Log
最近1週間のシンガポール疾病状況
2020-01-22 (水)
インフルエンザはA型の感染が小康状態で、ごく少数B型が検出されています。
アデノウィルス感染症、RSウィルス感染症に加えて、溶連菌感染症、マイコプラズマ感染症も散見され、水痘(みずぼうそう)の患者さんもありました。
感染源不明のサルモネラ菌感染で、消化器症状を訴えて受診の男児もいらっしゃいました。

最近1週間のシンガポール疾病状況
2020-01-15 (水)
インフルエンザはA型がほとんどでB型は少数ですが見受けられました。
ノロウィルスを疑うウイルス性胃腸炎、溶連菌感染症、アデノウイルス感染症、手足口病も報告されています。
マクロライドと呼ばれる抗生剤が無効と思われるマイコプラズマ感染症の例もありました。
武漢(中国)で発生している新しいコロナウイルスの肺炎は、コウモリなどの野生動物由来かもと言われています。
海外では動物の接触に気を付けてください。

最近1週間のシンガポール疾病状況
2020-01-08 (水)
インフルエンザA型に加えて、日本で流行し始めたB型がシンガポールでも検出されています。
インフルエンザ感染では、薬物治療の有無に関わらず小児の異常行動やせん妄が知られていますので、ご注意ください。
胃腸炎も目立ち、嘔吐だけだったり、下痢だけの症状の患者さんもみうけられます。
吐物での感染もあり得るので、吐物処理の際は、塩素で消毒するようにしてください。

最近1週間のシンガポール疾病状況
2020-01-03 (金)
依然インフルエンザAの感染者が突出しています。
兄弟感染例などもありましたが、日本人小学校がお休みに入ったので学校で感染したと思われる例はなかったです。
また、インフル類似の熱型をたどりますが、検査を繰り返してもインフルエンザ陰性のウイルス感染症も散見されました。
手足口病も流行っているようです。ウイルス性の胃腸炎もまだ散見されています。
溶連菌とマイコプラズマ、アデノウイルスの患者さんが数名おられた以外は、名前のつく感染症は見られませんでした。

最近1週間のシンガポール疾病状況
2019-12-25 (水)
インフルエンザは全体としてA型が多数みられ、また、B型の家族内感染例もありました。
日本では、インフルエンザ発症後に異常行動を起こし、高所から飛び降りて亡くなった中学生や、脳症で亡くなった小6女児が報告されています。
予防接種を受けた人でも感染例がみられますが、軽くすんでいる印象です。
マイコプラズマ感染症、溶連菌感染症は変わらず散見され、アデノウィルス感染症の患者さんもみられました。
胃腸炎患者さんもまだ続いています。

最近1週間のシンガポール疾病状況
2019-12-18 (水)
今現在検出されるインフルエンザはA型がほとんどです。
小学校で学級閉鎖が多く、家族内でも感染が広がっています。
日本と同様に胃腸炎も流行しており、点滴を要した患者さんもいらっしゃいます。
手足口病は相対的に目立たず、溶連菌感染症の患者数はあまり変わらずです。
家族内の溶連菌保菌者から何回も感染している場合には、家族全員の除菌が必要なケースもあります。

最近1週間のシンガポール疾病状況
2019-12-11 (水)
胃腸炎とインフルエンザが流行しており、インフルエンザはA香港型がほとんどです。
マレーシアのサバ州で小児麻痺の原因になるポリオの感染が30年ぶりに報告されました。
感染源は野生のポリオではなく経口生ワクチンの弱毒ポリオ由来と考えられています。
ポリオの抗体価の低い昭和50年から52年生まれの方は、とくに予防接種をしておいた方が安心です。

最近1週間のシンガポール疾病状況
2019-12-04 (水)
インフルエンザはA型を中心に多くみられていますが、B型も報告されています。
胃腸炎の患者さんも多く、嘔吐や下痢の症状だけの患者さんが多く見受けられ、稀に高熱の患者さんもいました。
マイコプラズマ感染症、溶連菌感染症、手足口病などもあいかわらずみられます。

最近1週間のシンガポール疾病状況
2019-11-27 (水)
インフルエンザ感染は徐々に増えています。
溶連菌感染症、マイコプラズマ感染症に加えて胃腸炎やRSウィルス感染も見られています。
水痘(水ぼうそう)を発症し日本に帰国できなくなった学生旅行者もいました。
予防接種で防ぐことのできる疾患はできるだけ予防接種で防ぎましょう。
日本に一時帰国の際には寒さだけではなく乾燥にも注意しましょう。

最近1週間のシンガポール疾病状況
2019-11-20 (水)
インフルエンザは主にA型が検出され、さらに増加しています。
日本でも例年より4週間早く流行期に入ったと報道されています。できるだけ早めの予防接種をお薦めします。
胃腸炎、溶連菌感染症、マイコプラズマ感染症は変わらず散見されます。
ヘイズのひどい時に眼や鼻に症状が出る人の受診も目立ちました。

*
- Sun Board -